遺言書

遺言書は死を前提にするもので、従来「縁起が悪い」ということで敬遠されていました。しかし、死を前提にするものでもほとんどの方は「生命保険」には加入されています。

それはなぜでしょうか。

やはり、それは自分の死後、「配偶者や子供が路頭に迷うことがないようにお金を残してあげたい」という気持ちがあるからなのです。

そんな気持ちを遺言書に込めませんか?

円満な相続を実現するためには、節税対策も必要です。しかし、相続トラブルの相談などで家庭裁判所へ家事手続きを申し込んでいる内容で多いのは、相続財産の多少に関係なく、相続人同士の「潜在的な不満」や「権利意識の高まり」からくる揉め事なのです。
(家庭裁判所に足を運ぶということ自体が勇気のいる行動です。家庭裁判所に行かずに相続に対する「不満」や「不安」を抱えている人はもっと多いと推察されます。)

人は「自分を認められたい」という願望が備わっています。
財産がほしいということではなく、自分の功績を認めてほしいという願望から均等に相続分を割ることに納得がいかないものなのです。
財産がそれを「目に見える形で評価」してくれます。

相続トラブルはもはや「お金持ち」の問題ではなく、「一般家庭」でも十分に起こりうる問題なのです。

 

遺言書を作成するメリット

  1. 大切なご家族にふりかかるかもしれない相続トラブルを防ぐことができる

    上記に述べた通り、今や一般家庭でも十分に起こりうる問題です。生前にきちんと対策をしておきましょう。

  2. 大切なご家族にとって面倒な相続手続きを楽にすることができる

    遺言書があれば「遺産分割協議書」を作らなくても名義変更が可能です。葬儀の段取りから各種役所への届出などの雑務をこなしながらの遺産分割の話し合いはご遺族を心身疲労させてしまいます。少しでも面倒な手続きを楽にしてあげましょう。

  3. ご自身で築きあげた財産の行く末をご自身の手で決めることができる

    「自分の死後、財産は皆で仲良く話し合って分け合いなさい」これほど無責任な発言はありません。相続財産というものは大変ありがたいものですが、一歩間違えたら親族関係を壊してしまう「劇薬」にもなります。相続人一人ひとりを思いやり、責任を持って財産を振り分けてあげましょう。

  4. 大切なご家族に愛と感謝の想いを伝えるきっかけになる

    形式的要件を満たせば何を書いてもかまいません。想いを口で伝えることが一番大切なことですが、照れくさかったりも…。それならお手紙に残しましょう。目標や願望を紙に書いて壁や机に貼っていると実現に向けて頑張ります。なぜか形に残す方が口で唱えるよりも効果があります。それを遺言書にも活かしましょう。(遺言書は壁や机に貼る必要はありません。)それが「想続」を実現させてくれる一番大切なポイントです。

 

遺言書ご相談・作成の流れ

  1. お電話又はメールにてご相談。
  2. お客様と打合せを入念に行う。場合によっては何度も行います。
  3. 遺言書に登場する相続人・受贈者に関する公的書類、財産に関する公的書類を取り寄せます。
  4. 遺言書の起案を作成します。
  5. お客様確認後、公証役場で事前打合せを行います。(日程調整等)
  6. 公証役場にて公正証書遺言書を作成。

 

遺言書の種類 (普通方式)

①自筆証書遺言  オススメ度 ★★

遺言者自身が本文、日付、氏名を「自筆」で書き、押印をします。
(代筆やパソコンでの作成→×)

○長所 : 手軽、簡単、内容を秘密にできる。
●短所 : 細かい決まりごとがあるため、要件が欠けると無効になるおそれがある。
改ざんや隠ぺい、紛失の可能性がある。遺言者の死後、家庭裁判所で検認手続が必要。

②公正証書遺言  オススメ度 ★★★★★
公証人が作成する公文書による遺言書。公証人が内容を確認するので、無効となるおそれが少なく、
改ざんや隠ぺい、紛失の心配がいりません。3種類の遺言の中で最も安全で確実な遺言書です。
○長所 : 家庭裁判所での検認手続が不要。無効となる恐れがない。
●短所 : 公証人との打ち合わせの手間や、公証役場へ納める手数料がかかる。2人の証人が必要。
③秘密証書遺言  オススメ度 お勧めいたしません。
公証役場でのお手続きとなる遺言ですが、上記①②の短所を兼ね備えているため、活用されるケースはほとんどありません。
○長所 : 内容を秘密にできる。代筆やパソコンでの作成が可能。
●短所 : 上記①②の短所の内容。

当事務所では、入念な打ち合わせの上で、後々の相続トラブルを防ぐ対策を盛り込んだ遺言書の起案・作成をさせていただいております。
また、低予算で始めることができる遺言書作成指導の業務も行っておりますので、ご興味等ありましたらお気軽にお問い合わせください。

 

遺言書に関する料金

  • 公正証書遺言起案・作成 84,000円〜
    (実費込。ただし公証役場手数料は含まず。)
  • 自筆証書遺言起案 63,000円〜
    (実費込み。但し保管は別料金。)
  • 自筆証書遺言書保管 一年間 10,000円
  • 遺言書作成指導 1時間 5,250円

 

遺言書のご相談・お問い合わせはこちら