相続手続き

「死」というものは、いつ訪れるものなのか、それは誰にも分からないものです。誰しもが突然にその日がやってきて、残されたご家族は動揺しながらも、その後の手続きなどをすることになります。遺族の方々の多くは、葬儀・法要を終え、一段落ついたところで数々の法務的疑問が湧き起こるそうです。

  •  「相続の手続きってどうしたらいいの?」
  • 「亡くなった父(母)が所有していた土地の名義変更はどうしたらいいの?」
  • 「相続の手続きに期限ってあるのかな?」
  • 「遺言書が見つかったけどどうしたらいいの?」
  • 「未支給年金、死亡一時金、遺族年金ってもらえるの?」

そんな時は当事務所へご相談ください。親切・丁寧・迅速に対応いたします。

 

一般的な相続手続きの流れ

  1. 相続人・財産調査…亡くなった方(被相続人)の死亡した旨の記載のある戸籍謄本及びそこから遡って出生時または12~13歳ころまでの戸籍を集め、銀行や郵便局へ行き、被相続人の口座の残高証明を取り、相続人の特定や、財産の特定を行います。
    Q.現在の戸籍だけじゃだめなの?なぜ遡って戸籍を取得するの?
    A.例えば被相続人に隠し子がいた場合(あってはならないと思いますが)その隠し子にも相続権は発生します。先妻がいる場合には、先妻の子にも相続権は発生します。相続関係を書面できちんと証明しなければ、名義変更はできないのです。
  2. 相続人で話し合い…預貯金等の現金の場合は均等に分けることが容易にできますが、残された相続財産が家や土地などの不動産だった場合は、分割が容易にいかないため、話し合いが重要になってきます。
  3. 遺産分割協議書作成…話し合いの結果をまとめた協議書を作成し、相続人全員の合意の証として、署名・押印をします。遺産分割協議書には原則として相続人全員の印鑑証明書を添付します。
    注)遺産分割の話し合いがまとまらず、家庭裁判所の審判又は調停によって行われたときは、その審判書か調停調書の正本を添付します。
  4. 名義変更手続き…集めた戸籍と遺産分割協議書を持参し、銀行や法務局等で名義変更の手続きを行います。(不動産の登記申請はお客様の了解を得た上で、信頼のおける提携司法書士へ外注いたします。)ご自身でも可能なお手続きですが、役所や銀行へ何度も行きながら、相続人同士で話し合いの場を設けなければならないなど、とても労力のいる作業になります。当事務所へお任せいただければ面倒な相続手続きを全面的にサポートいたします。お気軽にご相談ください。

 

相続開始後の諸手続きの流れ、期限、注意事項

  • 7日以内…「死亡届」   ※最近では葬儀社が代行することが多いようです。死亡届出書を提出しなければ火葬許可書が発行されません。
  • 14日以内…「世帯主変更届」 ※旦那さんが亡くなった場合などは速やかに行いましょう。
    …「未支給年金の請求」 市町村役場や年金事で行いましょう。(加入していた社会保険による)
    …「年金手帳や国民健康保険証の返還」 市町村役場や年金事務所で行いましょう。
  • 4カ月以内…「所得税の準確定申告」 亡くなった方の住所地の税務署で行いましょう。
  • 10カ月以内…「相続税の申告」 亡くなった方の住所地の税務署で行いましょう。【参考】 基礎控除 5,000万円+相続人の人数×1,000万円 よって夫が亡くなり、妻と子供2人の場合は 5,000万円+3名の相続人×1,000万円=8,000万円 以上の財産を相続する場合に相続税の対象になります。
  • 2年以内…「埋葬料、葬祭費の請求」 市町村役場や年金事務所等で行いましょう。(加入していた社会保険による)       …「死亡一時金の請求」 ※国民年金加入者の方で、老齢年金、障害年金の支給を受けたことがない方で、一定の条件を満たした方に支給されます。
  • 5年以内
    「遺族(基礎、厚生、共済)年金の請求」 市町村役場や年金事務所等で行いましょう。(加入していた社会保険による)
  • なるべく早く行う手続き
    「電気、ガス、水道、電話など各種公共料金の名義変更手続き」
    「パスポート、身体障害者手帳、運転免許証の返還」
    「クレジットカード、携帯電話、会員カード等の解約」

 
以上のお手続きはほんの一例にすぎません。
これらのお手続きは故人の亡くなった原因(業務上か、業務外か、交通事故か等)で異なる場合がございます。
また、故人並びに遺族の方の状況、加入していた社会保険にもよりますので、市町村役場等で確認を行いましょう。
また、法律専門家による「無料相談会」などの機会も多いので、そこで聞いてみるのも良いでしょう。

相続手続き

相続人及び財産の調査 63,000円〜
(戸籍等実費含む。但し相続人6名を超える場合は超える人数につき、5,000円を加算いたします。)

遺産分割協議書の作成 52,500円〜
(実費込み。)

相続のご相談・お問い合わせはこちら